2017年07月23日

読唇術

今日のKOBE16bitには
サインパフォーマンスをするKAZUKIってアーティストが来た。

彼は耳が生まれつき聞こえないとのことだが
耳が聞こえない人にも音楽を楽しんでもらうため
耳が聞こえる人には手話を覚えてもらうため
に、手話とダンスで音楽に合わせて音楽活動をしている。

っていうことだが
そんな彼を迎えるためにiPadに
声を瞬時に文字にしてくれるアプリを入れた。

んだが必要なかった!

彼は読唇術ができ、
相手の唇の動きだけで言葉が理解できるそうなのだが
びっくりするくらい会話が成立した!
読唇術なんてマンガやドラマの世界のものとしか思っていなかったから驚きだ。

しかもダンスも、音の振動で、ある程度はリズムがとれるらしい!

補足しておくと
「カウントマン」と呼ばれるサポートの方もお越しで
(※ダンスパフォーマーの、いのッちさんが担当)
曲の始まりや途中の細かなリズムは彼が手話でサインを出していて
スタッフとの細かな、やりとりも手話で通訳してくれたんです。

が、それを差し引きしても
KAZUKI君だけでも、大まかなコミュニケーションは十分に出来た。
まるでお庭番!いや、野村克也!
(※暴れん坊将軍でお庭番の忍者が口の動きだけで会話するシーンがある)
(※プロ野球のキャッチャーは読唇術が出来る人は結構いるらしい)

そんでもってサインパフォーマンスだが
ある程度はYouTubeなどで予習はしていたが
生で観る迫力は、本当にお世辞抜きで凄かった!
歌が持つパワーが、めちゃくちゃ増幅されています!

まだまだ聞き慣れないジャンルかと思いますが
ぜひサインパフォーマンスというものが、もっと世に広まって欲しい!

KOBE16bitにおいては
またKAZUKI君にも出演してもらおうと思っています。
posted by k451 at 23:03| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする