2018年06月09日

方向性

とあるラジオ番組が
かける曲すべてを
ネオアコースティックないしはフォークロックの曲のみにして
オンエアしていたのを聴いて熱くなった。

横井佳の音楽は最終的には
ネオアコないしはフォークロックの現代版を作りたい。
2ndアルバムは結果的にではあるが
この二つのジャンルに近づけた気がする。
ピアノを弾けるようになれば
更に近づけるというのが今後の課題だ。

音楽の歴史に詳しい人なら分かる話と思うが
結果としてのサウンドは似ているが
ネオアコースティックとフォークロックは
ルーツとしては全く違う音楽である。
そんでもって定義や概念も全く違う。
だが形としての結果はよく似ている。
そんな音楽だ。

ツッコミどころだらけということは承知で
めっちゃ省略して書くと...

フォークロックというのは
演奏だけでなく歌詞やメッセージ、歌い方なども含め
弾き語りでやるような曲や
弾き語りで演奏することを前提に作られた曲に
アンサンブル(バンド演奏)を加えた音楽のことを指す。
エレキ楽器が入っていても問題ないが
入れないことを大事にしているグループもある。
1960年代にアメリカで生まれた音楽。

ネオアコースティックというのは
バンド演奏でするような曲や
バンド演奏することを前提に作られた曲の
使用楽器を主にアコースティックギターなどの
生楽器を使用してエレキ楽器を使わずに
演奏することに徹した音楽のことを指す。
だが実際はエレキ楽器が入っていたりすることは多々ある。
(※ベースはエレキ楽器とは見なされない)
1980年代にイギリスで生まれた音楽。

だが実際のところ1970年代から1980年代にかけての
シンガーソングライターブームで
弾き語り+バンドというスタイルが確立された時代背景もあり
定義が曖昧なまま放置された音楽ジャンルである。

実際んとこ横井佳の楽曲も
ただの弾き語り系シンガーソングライターの
弾き語り+バンドの形と見なされるのが
現状、妥当ではある。

だけど僕は昨今のシンガーソングライターが心なく多用する
「バンドバージョン」って言葉が大大大大大ッ嫌いなのである!

僕はプロフィール欄にもあるように
ベースやシンセサイザーも演奏していて
そんでもってアコギに関しても
割と意思を持ってアレンジしていて
どれを演奏する時も「バンドメンバーの一員だ」
という気持ちで演奏していて
決して昨今のシンガーソングライターが心なく多用する
「弾き語りをバンドで増幅した音源」
なんて意識で音源を決して制作していないのである。
ベースを弾く僕やシンセを弾く僕に大変失礼である。
ドラム・パーカッションに関しても
ドラムマシンの打ち込みではあるが
心を込めてプログラミングしている。

中途半端ではあるが
人間としての心根的なものはフォーク、フォークロックで制作し
理論上ネオアコースティックとは見なされないが
演奏上における心根はネオアコースティックに置いて制作している。

完全にソレそのものになる、なれることは多分ないと思うが
いつか現代版のフォークロック、ネオアコ
いつかは横井佳オリジナルの音楽を作ってみたいものだ!

とりあえず2ndアルバムは
より、その方向性が濃くなりつつ
制作終盤を迎えている...ちょっと足踏みしてるけど。
_____
【次回ライブ】
・6月23日(土)『16bitブッキングライブ』
出演:横井佳、たかまる、一匹どんぐり、川岸サダシ(コント)
会場:KOBE16bit(http://kobe16bit.com/
開場 18:00 / 開演 18:30 / チケット(前)2000円<ドリンクなし/持込可>
_____
【お問い合わせ】
451kei@gmail.com
_____
デジタルシングル『変化球勝負』(200円)
『音亀フェス2017-CROSS-Compilation』(4/29発売)
に収録して頂いています!
ぜひダウンロード購入お願いします!
(iTunes)http://u0u0.net/JN6K
(Google play music)http://u0u0.net/JN6O
(その他の音楽販売サイト)http://u0u0.net/JN6Q
_____









posted by k451 at 22:50| 兵庫 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

ひと安心

今年は頻発するとはいえ
KOBE16bitのライブ開催が10日空いて
今日、久々にライブ開催!

やっぱり、いつもの人物と顔を合わせるのはホッとする。
一人の時間が増えて、やりたいことも沢山出来ているが、
やはり人間は他人と関わってナンボだ。
もちろん、それ一辺倒でもダメなんだけど。

今の気持ちを大切にして
今後とも頑張ります!
_____
【次回ライブ】
・6月23日(土)『16bitブッキングライブ』
出演:横井佳、たかまる、一匹どんぐり、川岸サダシ(コント)
会場:KOBE16bit(http://kobe16bit.com/
開場 18:00 / 開演 18:30 / チケット(前)2000円<ドリンクなし/持込可>
_____
【お問い合わせ】
451kei@gmail.com
_____
デジタルシングル『変化球勝負』(200円)
『音亀フェス2017-CROSS-Compilation』(4/29発売)
に収録して頂いています!
ぜひダウンロード購入お願いします!
(iTunes)http://u0u0.net/JN6K
(Google play music)http://u0u0.net/JN6O
(その他の音楽販売サイト)http://u0u0.net/JN6Q
_____
posted by k451 at 22:54| 兵庫 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

来年にどうなるか次第?

以前に『しゃべるヨコイ』で
「ミニ四駆の現役復帰はしない!」と宣言したんですが
それ以降、逆に興味が出てしまって
色々とネットで調べていた横井佳(笑)。

「昔みたいに色々やってみたいな!」
という気持ちが出てきたのと同時に
ミニ四駆レースやミニ四駆での交流会をやっている
ライブハウスも僕が知っている限り2件存在するので
「やっぱやってみようかな!」
って最近は考えていました!(笑)

割とノリノリで頭の中で
どのマシンを使って、どんなセッティングをするかとかも
結構考えていました!(笑)

でも、少なくとも来年までしない、
いや、したくないですね...

何故かっていうと賛否両論ありますが
今年は「2018年特別ルール」というものがあって
もともとは上半期限定だったはずが好評(?)につき
夏以降も継続される特別ルールがあって
公式大会以外のレースでも採用されているんですが
特筆すべきは「今年はローラーの数は無制限!」
という点です。

僕は大反対です!
ナンセンス!

もちろん僕は現時点で現役ではないため
このルールの必要性を理解していない者であるため
意見を発する権利はないんですが。

通常のルールではローラーは6個までです。

このルールがあるお陰で
ミニ四駆の絶妙なまでのセッティングへの面白さが出るのに。
そんでもって6個以内ってのが見た目にもカッコイイ!

これが無制限となると
そもそもマシン製作の概念が根本から崩れます。
(※もう現役を離れて20年弱経つけど)

なんか書きながら熱くなってきて
もっと詳しく書きたいんですが
終わりそうにないので一旦、このヘンにしときます(笑)。

この特別ルールは今年限りなのか?
来年も続くようなら来年もしません!(笑)
_____
【次回ライブ】
・6月23日(土)『16bitブッキングライブ』
出演:横井佳、たかまる、一匹どんぐり、川岸サダシ(コント)
会場:KOBE16bit(http://kobe16bit.com/
開場 18:00 / 開演 18:30 / チケット(前)2000円<ドリンクなし/持込可>
_____
【お問い合わせ】
451kei@gmail.com
_____
デジタルシングル『変化球勝負』(200円)
『音亀フェス2017-CROSS-Compilation』(4/29発売)
に収録して頂いています!
ぜひダウンロード購入お願いします!
(iTunes)http://u0u0.net/JN6K
(Google play music)http://u0u0.net/JN6O
(その他の音楽販売サイト)http://u0u0.net/JN6Q
_____
posted by k451 at 23:19| 兵庫 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

主観と直感

現代の世の中は言葉や単語の存在だけが先行している。
現代の世の中は美しい言葉の存在だけが先行している。

僕はシンガーソングライターであるが
世の中に溢れている言葉だけを拾い集めて
美しい歌詞を書いて響きの良い歌を作ることは
もはや容易な時代になってしまったように感じる。

だからこそ
自分の言葉で、そして自分の真実のみを使い
自分なりの表現をしないといけないと思っている。
もちろん、その上で美しい言葉や響きが完成できれば最高なのだが。

最近とても残念に思うのが
「客観視点(目線)を持て」という言葉を
まるで天下無敵の伝家の宝刀のように使っている人を見かけることだ。

もちろん僕自身の人生の反省として
自分の主観や直感を他人に押し付けたり
自分の主観や直感だけで全ての物事を語るのは
愚かな行為であると思っている。

他人のことを気遣い思いやり
他人の視点に立って物事を考えれる人間でなくてはいけない。
そしてミュージシャンなんだから当たり前に客観視点や目線を
持てる人間にならないといけない。


だがしかし!(※朝日新聞っぽいかな?)


客観視点や客観目線を持ち
他人のことを気遣い思いやるためには
「まず自分にはどう見えたか」「まず自分はどう感じたか」
という主観と直感を
素直にストレートに心に留めれる人間にならないと話にならない。

もちろん
「まず自分にはどう見えたか」「まず自分はどう感じたか」
という主観と直感を他人に押し付けたり
それ一辺倒で物事を語るのは愚かである。


だがしかし!(※朝日新聞のマネ)


「他人にはどう見えているのか」「他人はどう感じたのか」
を推測し、自分なりに他人に気遣いをするためには
結局のところブレのない自分の主観や直感を基本点や基軸にしないと
“出発点”が存在しなかったり
“出発点”が曖昧になるため
正確に他人の目線や気持ちを推し量る
...とまで言ってしまうのは無理があるが
少なくとも「自分なりの気遣いや心使い」をすることは
自分の主観や直感を大事に出来ない人間には困難なのである。

そしてその結果、
自分の主観や直感がブレブレな人間が繰り出す
客観目線と言いますか
他人への気遣いや心遣いっていうのは
とても独善的で自分勝手で
要するに極めて主観的で直感的なものになってしまうのである。

これぞ本末転倒!


まるでお決まりの必殺技のように
「客観!客観!」って言ってる人を見ると
もうちょっと自分の感覚ってものを信じてやれよ...
と思ってしまうし
結局のところ他人に何かを与えれる
その何かのパワーっていうのは
自分の感性が発生源になっている
ということに気づいて欲しい!

と思う最近の横井佳なのであるが
これは、
自分を信じるのが当たり前で
自分に自信を持つのが当たり前な
ミュージシャン特有の職業病であるとも感じている。

最近「“素直”が評価されるのは子供だけだよ」
っていう社会ではありがちなセリフ
を言われたことがあり
これは10年前の僕なら烈火のごとく怒り出し
そして大雨が降るかのごとく悲しんだと思うが
34歳のオッサンとなった今では
そう声をかけてくれた人に対して
とても残念な気持ちと
自分勝手ではあるが少し同情していまう気持ちを抱いている。

そして
もしも僕が音楽の世界を離れてしまうことが
もしもあった場合に
そんな感性しかない世の中と言い切るのは愚かだが
そんな世の中で生きていくのは到底無理だ
と思ってしまった。

なんとか今、頑張らないと!







posted by k451 at 20:27| 兵庫 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

羽生さんも藤井君も凄い!

実は3月末をもってパワプロのアプリを引退した横井佳。
禁断症状はあったものの、もう2ヶ月、一度もやってないんで
晴れて引退宣言をします!(笑)

まあゲームなんかしてるヒマがなくなったってだけの話ですが。

でも「ちょっとくらいゲームしたいな!」
って時間はあるんで
初心者向けの将棋の練習アプリを始めました!

将棋、難しい!
もう必死のパッチです。

そんな名人みたいに「何手か先を考えながら打ってます」
なんて余裕な発言、無理です!

詳しい人、いたら誰か教えて下さい!
僕は現状、アプリの解説補助がないと出来ません。
_____
【次回ライブ】
・6月23日(土)『16bitブッキングライブ』
出演:横井佳、たかまる、一匹どんぐり、川岸サダシ(コント)
会場:KOBE16bit(http://kobe16bit.com/
開場 18:00 / 開演 18:30 / チケット(前)2000円<ドリンクなし/持込可>
_____
【お問い合わせ】
451kei@gmail.com
_____
デジタルシングル『変化球勝負』(200円)
『音亀フェス2017-CROSS-Compilation』(4/29発売)
に収録して頂いています!
ぜひダウンロード購入お願いします!
(iTunes)http://u0u0.net/JN6K
(Google play music)http://u0u0.net/JN6O
(その他の音楽販売サイト)http://u0u0.net/JN6Q
_____
posted by k451 at 22:13| 兵庫 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする